DiscoTech

iPhone, iPad, Mac, Apple WatchなどのAppleに関する記事が中心のブログです。

Apple Watch Series 5 では何が変わったのか?Series 4との比較をしてみる

スポンサードリンク

f:id:mgxc2:20190911060855p:plain

image:Apple

日本時間2019年9月11日午前2時にAppleはApple Watch Series 5を発表した。今回はSeries 4からそのような進化をし、買い替えを検討している方へ向け比較をしていきたいと思う。

新しい常時表示のRetinaディスプレイ

今までのApple Watchでは基本的に常にスリープモードなので画面は真っ暗になっていました。それが今回は駆動時間に大きな影響を与えずに常時画面が付いている状態を実現されています。例えば電車のつり革につかまっている時や運動中、傘をさしている時など、急に時間を確認したいときにとても役立ちます。

f:id:mgxc2:20190911061840p:plain

image:Apple

実はチップの性能はSeries4と同じ

Appleのホームページで現在Series3と比較できるページがある。今回のSeries5に搭載されているS5チップはSeries3に搭載されているチップと比べて最大2倍早いのだがこれはSeries5も同じなのだ。Apple Watchは今真野での世代で処理性能は格段に早くなってきていたが頭打ちになっているのだろうか?若干残念な点であった。

コンパスの搭載

今回からマップアプリケーションにて自分の方向まで確認することが出来るようになった。仕様頻度は高くないかもしれないが、iPhoneでしかできなかったことがどんどんApple Watchでもできるようになってきていることは大変喜ばしいことだ。

Apple Watch Studio

Apple Online Storeにて自分の好きな本体の大きさ、ケースの素材、バンドを組み合わせることで自分にぴったりなApple Watchをオーダーすることが出来るようになった。これはSeries 4のパッケージから予測はできていた。Series 4のパッケージはケースとバンドは別の箱に収納され、それらを1枚の紙で包んだような形であった。そこからいつかApple Watchのバンドのカスタムができるようになると思っていただこんなに早く実現をして大変嬉しいものだ。新製品が登場するごとに購入する人は毎回おんなじバンドを買う羽目になっていたのでこれが個人的に最も嬉しかったこと。

新しい仕上げと再び

今回は新たにチタンの仕上げが登場とセラミックの仕上げが再登場した。Apple Watchのユーザーが増えてきてことでここでまた個性を出していくことが出来るかもしれない。特にチタンに関してはグレーのとてもかっこいい仕上げになっているので是非早く見てみたい。

f:id:mgxc2:20190911063905p:plain

image:Apple