DiscoTech

iPhone, iPad, Mac, Apple WatchなどのAppleに関する記事が中心のブログです。

Macを使いこなせないという人は、"私は学ぶことができないんです"ということと同じ

スポンサードリンク

f:id:mgxc2:20190711122018p:plain

最近iPhoneの普及でMacユーザーが増えて来ている中で、Mac使いこなせないから無理だよ。宝の持ち腐れだからWindowsにするといった方も見受けられるように感じます。

私からすれば、このフレーズに関してツッコミどころが満載なのですが、今回このようにネガティブに感じている方にぜひ考えていただきたいことをまとめていきたいと思います。

使いこなすとは?もっと具体化したビジョンを持つ

よくMacは使いこなせないから私には無理と諦めてしまう方がいらっしゃいますが、本当はMacでやりたいことがあるからこそ、検討しているし、使いこなせるか不安と感じているのではないでしょうか?

では、使いこなすとは具体的に何を指していますか?

漠然としてますよね?具体的に言語化できる方はいらっしゃいますか?

例えば、メールを使いたい、写真を管理したい、動画編集をしたい、本を電子書籍化したいなどできることは本当に多いです。パソコンというのはあくまでも道具なので誰もあんな鉄の塊が欲しい人はいないのです。その鉄の塊でもたらされる体験こそ求めているものではないでしょうか?

そうであれば、やりたいことを具体的に言語化していきましょう。例えば写真管理をしたい場合は、Macで写真管理の何がわからないかを言語化していきましょう。例えば、iPhoneから写真を取り込む方法がわからない、どのようなソフトを使うべきがわからないなどです。

そのわからないことを調べていきましょう。調べ方はGoogleで検索してもいいですし、今はAppleに電話すればサポートにすぐに相談することができます。ここで解決すればあとは行動するのみです。もしくは、ここまでやってもわからない場合は、なぜわからないのかを把握と理解しましょう。次に何をすべきかを明確にすることで確実に次へ進むことができます。

使いこなせないのなら、やりたいことを明確にして、次へ進めるようになるためには何を考えるべきかを明確にすることが大切です。全ての機能を使う必要ありませんし、むしろ使える人は本当に稀です。やりたいことができればそれで十分なのです。

学ぶとは選択肢を広げるということ

学生時代、先生や親から、勉強しなさいと言われ続けた方は少なくないはずです。

なぜ、勉強するのか?学ぶことが必要なのか?

それは、選択肢を広げるためです。

何か始める時には必要な知識やスキルが必要となる場合がほとんどです。あらゆる仕事で知識、スキルが不足している場合は

その仕事に就くことが難しいか、もしくはつけない場合があります。未経験でもいづれは学ぶことが必要です。なので学ぶことが大切なのです。

Macでこれから何をしたいのかを明確にして、そこに最適な学びを得ることで次のステップへ進むことができます。

社会人になって学ぶことを放棄してしまうことへのリスクを理解すべき

学生の間では先生や親から言われなからやむなく勉強をする環境があったかもしれませんが、社会に出ると全て自分が次の行動を全て決定します。例えば資格の学びや読書などインプットが少なくなってしまうのです。このインプットが少ないと当然アウトプットも少なくなりますよね?

社会に出てからあらゆる環境で成長をする機会はあってもそれを加速させるものこそがインプット、すなわち学びです。

インプットしない人からは何も出て来ません、その中で年齢だけが進んでしまって何もできないとなってしまうことは非常にリスクです。

幼少期より大人の方が時間の進み方が早いといいますが、その要因は新しい体験が減ってしまっていることが考えられています。つまりインプットや環境の変化です。単純に読書するだけでもあたら数なニアに触れる機会の創出につながります。その機会を自身で作っていくことが必要なのでめんどくさがらずに新しいことにチャレンジすることは社会に出てからこそ大切です。

誰でも初めての行動は不安だったり勇気が必要

時間がないや、お金がかかるといった言い訳がでてくるかもしれませんが、今は無料で利用できるコンテンツやスマートフォンで気軽に利用できるものがたくさん揃っています。

考えるべきは、確実に次に進むために何を行動すれば良いのかを考える。

先ほどの例を繰り返し出すと

Macを使いこなしたい→何がわからないかを考える

写真管理をしたい。

では写真管理で何をしたいのかを考える。

1つづつ進めることで次の行動を明確化できると思います。

大切なことは、確実に進める次のステップを考えることです。

まとめ 

Macが使えこなせないや、初めての何か物事を進める時に不安だったことは、確実に進めるステップを考えることと振り返ることができそうですね。学ぶことができるというチャンスは非常に貴重なので、自分には無理と考えずに、何をすれば次に進めるかを考えるとあなたの助けになると思います。