DiscoTech

ワークライフバランスとは?時間と価値と意識して行動!

電子書籍のサービス終了に懸念、どこがおすすめかを知りたい

スポンサードリンク

今や電子書籍になっている本はたくさん揃っている。

その中でどこがオススメなのか、サービス終了してしまった場合はどうなってしまうのか、など疑問に思ったことはないでしょうか?

私はあります!

今回はサービス終了してしまった場合どうなってしまうのか、また私はどこの電子書籍のサービスを使っているのかを紹介していきたいと思います。

 

電子書籍を扱っている会社はこんなに多くある

 

しかし実際にサービスを終えてしまった会社もこんなにあります。

  • TSUTAYA.com eBOOKs
  • ダイヤモンドブックス
  • エルパカBOOKS
  • BooksV
  • 本よみうり堂デジタル
  • BookGate
  • 地球書店
  • Digital e-hon

ではこれらサービスが終了した際にはどおような対応があったのでしょう?

 

購入金額に相当するポイント返還

実際にローソンが運営するエルパカBOOKsは2011年から約3年間サービスを提供し、電書籍ストアが閉鎖となっています。これに対しローソンは電子書籍購入金額に相当する金額をPontaポイントでの返還をす流という対応をとった。

実際に返還があったので良かったが、購入したコンテンツがたった3年で見られなくなることは不安に感じてしまう人が増えても仕方ありません。しかしこの返金がPontaポイントだったという点に関しては顧客としては如何なものか。

 

他社サービスでの引き継ぎ

こちらはTSUTAYA.com eBooksで実際にあった事例です。こちらもたった3年でサービスを閉鎖しています。その際に他社が運営をするBOOKLive!へ引き継ぎをし継続して閲覧可能となっています。コンテンツによっては引き継げないものに関してはTポイントでの返還手続きが進められた。

こちらもまぁ、一安心ですね。今まで気に入って購入したコンテンツが引き続き読むことができるので電子書籍ライフも楽しむことができそうです。

 

その中で私がAmazonのKindleを選んだ理由

それはAmazonでKindleを読むためのハードウェア、Kindle PaperwhiteKindle Oasisの販売があるからです。

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)

 

 

これはとても重要で、自社サービスを最大限楽しんでもらえれようにハードウェアの開発も同時に進めているということです。

これによりKidleはAmazonにとってものすごく力を入れているサービスの1つだということがわかります。

私も電子書籍のサービスが終了してしまうのは困るのでなるべく長く続いてくれるサービスの方がありがたいです。

 

さらにKindleでは他にもメリットがあり、本や漫画がセールになることがよくあります。つい先日も弱虫ペダルが50巻まで108円のセールになったりとお得に電子書籍ライフを楽しむことができます。

 

 

www.discotech.work

 


 私は個人的にはiPadを使っていますが、Amazonのトータルのサービスや開発の規模を考えてもこの環境は長く維持できるのではないかと思います。