DiscoTech

ワークライフバランスとは?時間と価値と意識して行動!

転職前に状況の整理!今の仕事は合っているのかを判断する4つの質問

スポンサードリンク

f:id:mgxc2:20190603214053p:plain

仕事がつまらなく転職を考えてはいるものの、今の仕事の方が合っているのか仕事を変えた方がいいのかを迷っている方へ向けてお話を進めていきます。

厚生労働省の調べによると新卒の3年以内の離職率は平成27年の大学卒での入社データを参考にすると3割以上の新社会人の方が何かしらの理由で退職をされています。新卒で入社した会社を一生務める方は多くありませんので、実際に転職を検討する際に是非、今の会社を退職する前に考えていただきたい質問を用意しました。

会社で過ごす時間はあなた自身の成長につながっていると実感していますか?また、それを具体的に人に説明できますか?

1日の時間割を考えた時、睡眠8時間、仕事8時間、プライベート8時間に分けてみます。場合によってはプライベートと睡眠の時間が削られて偏っている場合も多いかと思います。人生の中での仕事は1/3以上時間を費やしている要素です。この時間の中で少なくともなりたい自分のビジョンに近づいているのかが重要です。上司、部下、同僚と一緒に仕事をすることで自身が前に進む感覚を持てているのか?

成長を一括りにしてしまうと抽象的になってしまうのですが、具体的に言い換えると、行動の変化と考えています。自転車に乗れるようになった、九九ができるようになった、一人で海外旅行に行くことができたなど、初めてではできなかったことができるようになった時に人は成長を感じます。

普段の会社での時間を振り返った時に、できなかったことができるようになったことはいくつありますか?そして次はどのようなことをできるようになりたいですか?

会社で得た知識、スキルはあなたの普段の生活に良い影響をもたらしていますか?また、その瞬間はどんな時ですか?

会社での時間をプライベートに最大限活用するには仕事で得た知識、スキルを発揮することで周りと比べて1歩得をすることです。例えば営業をしている場合、論理的に話すスキルが一般的に高いはずです。いかに相手の言いたいことを引き出すのか?自分の言いたいことを伝えるのかを日々仕事にしているわけなので。こんな方は恋愛の相談相手になったり、実際に自分が気になる彼に振り向いてもらうにはどうすれば良いかを考えることが成就かもしれません。最近では心理学に関する本や動画が一般的となっており応用が効くテクニックがたくさん存在まします。

営業だけでなく小売接客をしている方なら商品に詳しくなるので、ブログでアフィリエイトで稼ぐチャンスがあります。ライフネット生命の調査では、ネットショッピングをする94%の消費者はネットの口コミを見てから購入されるそうです。

仕事で得た知識、スキルはいろいろなところで活用することができるので意識してみるといいと思います。

プライベートの時間を最大限楽しむことはできていますか?また、その時間をより良くするために何をしていますか?

人生をより楽しむには楽しい時間を増やすことです。休みの日に仕事のことを考えてしまっては友人や家族との時間をより良くすることは難しいと思います。常に考えるべきは自分の時間を大切にすること。もし今の会社で残業に対してネガティブな影響が出ているのなら勇気を持って周りの方と相談しましょう!その会社で過ごす時間が全てではないので、自分にベストなワークライフバランスを見つけることがカギになります。

5年、10年先のビジョンを描いた時、それはポジティブなものでしょうか?また、そのビジョンを人に話したことはありますか?

将来の夢を人に話したのはいつが最後ですか?社会の仕組みや背景を知ると実現が難しいものに関しては諦めてしまう人も少なくないかもしれません。5年後を考えることは難しいと思うので5年前に自分が何をしていて、何を考えていたかを考えると振り返りやすくなります。

あなたが30歳なら25歳の時に何をしていたのか、どんな社会人生活を夢見ていたのかを振り返ると5年ってすごく変化がると思うんですよね!大学入学した時に入りたい会社をイメージしていても実際には違っていたや、住む場所も変わった方もいるかもしれません。このように変化を振り返ることでこれから望むことも可能な限りイメージすることで、向かいたい方向に少しづつ近づくことができます。

まとめ

以上の4つの質問、あなたは幾つの質問に即答できましたか?

なかなか日々考えていなかった質問かもしれませんが、考えることは勇気を振り絞る1歩目です。私も日々色々なことを考えていますが、具体的になればなるほど考えたくなくなる時もあります。しかし大切なことは前へ進みたいという意思なので、今後自分がどのような道へ進みたいかをよく考えて行動することが大切です。