DiscoTech

iPhone, iPad, Mac, Apple WatchなどのAppleに関する記事が中心のブログです。

あなたは1万円の商品を1万円以上の価値として購入することは出来ていますか?買い物で迷った時に考えるべき投資的考え方

スポンサードリンク

f:id:mgxc2:20190821124526p:plain

買い物買うかどうか迷う経験は誰もが持っていると思います。カッコよかったり、可愛かったり購買意欲をくすぐる商品はこの世にあふれています。使うことがでいる予算が限られているからこそ迷います。今回はその迷ってしまったお買い物をより効果的なものにする投資的な考え方をシェアしていきたいと思います。

 

そもそもなぜ迷うのか?

欲しい気持ちに対して予算が釣り合っていない場合に人は迷います。この"釣り合っていない"という部分が最大の課題です。

まずは迷わない買い物とはどんなものでしょうか?

例えば電気代や水道代などのインフラ系です。衣食住なども人が最低限必要なものの要素です。電気代かかるのが嫌だから電気を止める方はいないと思います。服などもお金がもったいないから真っ裸で外を出歩く方もいないと思います。

よって、主に必要なものに関しては、嫌々ながらも買わないという選択を取る事は少ないと思います。

 

優先順位を考える。

ビジネス本では有名なスティーブン・R・コヴィー 著『完訳 7つの習慣~人格主義の回復~』では第3の習慣に”最優先事項を優先する”と記してある。

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

物事を、4つに分類(重要度が高い・低い、緊急度が高い・低い)する事で行動の優先順を決める指標にするという考え方だ。今回の買い物では重要だが緊急でないものが該当するだろう。可愛い服を見つけてすごく欲しいけど、今は必要ではないという場合だ。

f:id:mgxc2:20190821111628p:plain

人は商品ではなく体験を買っている

では重要だが緊急でないことに対してどの様な判断をすべきなのだろうか。それは上記でも挙げた、"必要性に対して価格が釣り合っているか"どうかだ。

そもそも釣り合わせるものは生産性といってもいいだろう。いかに生活を便利に、楽しくしてくれるのかを消費者は期待をしている。

例えばスコップを購入する人は、別にスコップが欲しいわけではない。単純にそのスコップで穴を掘ったり土を移動したいのだ。そこに価値があると私は考えています。

カメラなどでも同様で、写真を撮る事でその瞬間の思い出を形に残すためにカメラを購入する。

この目的こそがとても大事で、何のために必要なのか?その商品から何を得ることができるのかを明確にする事で効果的な買い物が実現する。

 

人生はRPG!武器の強化の優先順位を決める

ドラゴンクエストやポケモンなど冒険のなかで主人公のレベルアップに最も必要な事は投資対効果を考える事だ。ゲームの序盤は強力な武器を得る事はできないのでまずはレベルの低い武器や防具を用意していくが、そのコストが勿体無いからといってお金だけを延々溜めてしまっては効率的に経験値を貯めていくことができないのは明白だろう。その時に必要な武器や防具を必要な分だけ用意し、より強い相手を倒して多くの経験値を得ることがセオリーだ。そうすることでお金の回転を加速させ、結果的には早くレベルアップする事に繋がる。

そして更に重要な事は、何をいつ強化していくかを考えることだ。それは使用頻度が最も高く強い相手を足す事に貢献するアイテム。この見極めこそ現実世界でも買い物をする時に重要になってくる。

 

現実世界の優先順位とは

  • 影響力
  • 使用頻度

ズバリこの2つの要素が重要だ。

影響力とは、その商品がもたらす効果の事。

今回は車を例に出してみよう。

車がもたらす効果は、自分や他者を移動することができたり、大きい荷物を移動できるところにある。実際には自家用車を持っていなければできないこともあるが、レンタカーや公共交通機関を利用するという手もある。確かに車を持つ事は気軽に移動できるというメリットがあるが逆も考えないといけない。それは使用頻度を考えた時に投資してまで必要なのかだ。1週間の間に何回使用するかを考えてみる。基本的に通勤が電車だったり週末に車を使わない週があるなどすると1回あたりの使用量が増加してしまう。そのコストに対して投資をしてもいいかは、価格を使用年数や使用回数で割ることである程度計算することができるのでぜひ試して頂きたい。

 

もしそのコストが自分にとって安いと感じたら買いだ!

1万円の商品からの影響力が1万円以上の価値や生産性があると感じることができたら効果的な買い物だったと後から感じるだろう。

 

個人的には以下のものに投資を意識し購入したものを紹介します。

  • 洗濯機
  • 掃除機
  • 仕事着(スーツなど)
  • デスク
  • チェア
  • ベッド

など、どれも毎日必ず使うものばかりですね。

そのほうが生活をより楽しく感じることができるので個人的に大変満足しています。

 

あなたはこれからどんなものにお金を使いますか?しっかり優先順位を決めて買い物をしていくことでかくじつに一歩ずつ前に進むことができると思います。